肝臓に良い成分のタウリンとオルニチンの違いとは

タウリンもオルニチンも「肝臓に良い」「肝機能を向上させる」という点では共通しています。それにタウリンは牡蠣やサザエ、オルニチンはシジミに多く含まれる成分ですから「貝」の栄養素という点でも共通していますよね。

二日酔い、悪酔い、脂肪肝などへの効果でも、タウリンとオルニチンの2つが有効成分の筆頭に挙げられます。

では、タウリンとオルニチンは何が違うのでしょうか?

タウリンの特徴

タウリンはイオウ化合物とアミノ酸とが反応してできる含流アミノ酸のひとつです。体内ではシステインというアミノ酸から合成されます。

システインはカラダのエネルギー源となるグルコースの原料となったり、肌のシミの原因となるメラニンを作りにくくし体外に排出する働きをします。また、体内の有害物質を排出しやすくする作用もあるため、解毒剤に用いられることもあります。そんなシステインから作られたタウリンもまた優れた成分です。

タウリンは胆汁酸と結合してタウロコール酸となり、胆汁を分泌させます。胆汁は食物の消化吸収を助ける重要な成分です。胆汁を作るのが肝臓の役割でもありますし、胆汁生成を促進するタウリンは肝臓の働きをサポートしてくれるんですね。

また、タウリンは肝細胞を活性酸素から守り肝機能を活性化させてくれますので、肝臓を幅広く手助けできるのがタウリンの最大の特徴であるといえます。

オルニチンの特徴

オルニチンは塩基性アミノ酸の一種です。アルギニンを分解することにできる遊離アミノ酸でもあります。遊離アミノ酸は、他のアミノ酸が不足したときにヘルプに入ってくれる汎用性の高い成分ですので、肉体疲労には最適の成分であるとされます。

スポーツ用のドリンクやサプリメントにもオルニチンが入っていることが多いのはそのためです。また、オルニチンもタウリンと同様に肝臓に対して働きかけるため、肝臓疾患の治療薬にも用いられることがあります。

オルニチンの特徴は、アルコール分解に深くかかわる点です。アルコールは肝臓で解毒化され最終的には尿素へと無毒化されますが、アルコールを飲み過ぎると肝臓のキャパシティーを超えて大きな負担をかけてしまいます。

そんなときに役立つのがオルニチンです。オルニチンはアルコールの生成するアセトアルデヒドと呼ばれる有毒成分を分解するのに働いてくれます。そのためオルニチンはお酒をよく飲む方や二日酔いになりやすい方には最適の成分であるといえるでしょう。

まとめ

タウリンは肝臓全体のサポート役、オルニチンは肝臓のアルコール分解のサポート役です。

タウリンとオルニチンの役割はこのように分かれていますから、タウリンとオルニチンの両方を摂取すれば、肝臓の強力なバックアップとなることでしょう。

タウリンもオルニチンも含まれたサプリメント(10日間分無料お届け)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする