疲労回復にタウリンが効果的

「ファイト―、いっぱつ!!」のリポビタンDで有名なタウリン。やはり疲労回復のイメージを持っている方が多いようです。タウリンはヒトの生体内には万遍なく存在している成分であるため、疲労回復といった明確な効果があるわけではありませんが、健康には欠かせない成分です。

※例えば水やタンパク質、アミノ酸等は生命活動に必須の成分ですが、多く摂ったからといって明確な疲労回復効果があるわけではない。しかし、脱水症状や栄養不足から生ずる疲労は間違いなくこれらの成分不足から生ずるので、脱水症状のときには水を、エネルギー不足のときにはタンパク質を摂取すると(原因が除去されるため)疲労が改善される。タウリンの疲労回復効果についてもこれと同じことがいえる。

タウリンが疲労を回復するメカニズムについては、科学的な説明をすることも可能です。

第一に、タウリンは脳の神経伝達物質のひとつであり、カルシウムイオンの放出やノルアドレナリン、アセチルコリンの抑制、自律神経系等の機能に深く関わっています。

シナプス間の神経伝達物質の放出バランスが崩れると、イライラや不眠を引き起こすほか、躁鬱や物忘れの症状の原因となることがあります。タウリンはこれらの脳内成分の乱れを改善してくれますので、広義には疲労回復の効果が見込めることになります。

第二に、肉体的な疲労ということであれば、特にお酒を飲んだあとの疲労解消効果が期待できます。タウリンは肝機能を向上させるのに有効な成分であり、胆汁酸の生成や肝細胞再生に関わっています。

また、コレステロールを減らすといった作用からは脂肪肝や動脈硬化、脂質異常症の改善も期待することができます。このように、「疲労回復」という明確な自覚症状が現れるか否かは別として、タウリン摂取により精神的・身体的な不調を軽減することができるのは確かなようです。

タウリンを摂取するには?

食品から摂る場合には、イワシなどの魚介類や、タコ、ヤリイカ、牡蠣、ホタテ貝、サザエなどが良いです。タウリンは動物性たんぱく質に含まれますので、野菜や果物等の植物から摂取することはできません。

タウリンのその他の効果は?

眼精疲労の回復、視力向上、二日酔い解消、心臓病予防、認知症予防などの作用があるのではないかといわれています。

健康ドリンクのタウリン1000mgってどれくらい?

ホタテ貝1個分、タコの足1本分相当であるといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする