クリルオイルに副作用はあるのか

クリルオイルは南極オキアミから抽出されるオイル成分として知られています。オイルには、DHAやEPAなど健康に役立つ脂質成分が豊富に含まれており、抗酸化作用のあるアスタキサンチンも入っています。

原料となる南極オキアミはクジラ類の主食でもあり「完全栄養食」の名を持つほど優れた栄養価を内包しています。このように、クリルオイルは極めて優秀な健康食であると言えますが、副作用がないと言い切ることはできません。

はっきり言って、ただの「水」でさえ、飲み過ぎは身体にとって毒となるからです。

クリルオイルに入っている不飽和脂肪酸に考えられる副作用

クリルオイルにはリン脂質結合型の不飽和脂肪酸(DHA,EPA)が含まれており、これは魚から得られる脂肪酸成分よりもずっと吸収効率が良いのが特徴です。

そのため、クリルオイルの副作用として考え得るのは、DHAとEPAの摂取過多でしょう。日本人はあまり魚を食べなくなってきているため、ふつうの人であれば体内のDHAやEPAは不足状態にあります。

しかし、普段から魚ばかりを食べている人がクリルオイル配合の健康食品を食べた場合、不飽和脂肪酸の過剰摂取となるでしょう。副作用としては、低血圧や内出血が挙げられます。ですが一般的な現代人であれば(イヌイットのように魚介類を常食する民族でなければ)、DHAやEPAの過剰摂取はまず考えられないことです。

複数のDHA,EPAサプリメントを常用していたり、摂取量目安を上回る量を飲み続けていたりしない限りは副作用の心配はないと言い切っても良いでしょう。

クリルオイルに入っているアスタキサンチンに考えられる副作用

クリルオイルには強い抗酸化作用を持つ「アスタキサンチン」が入っているのも特徴です。このアスタキサンチンに副作用はないのでしょうか?

アスタキサンチンの副作用に関しては、富士化学工業が特許取得のために研究を行っていました。富士化学工業は「アスタキサンチン含有ヘマトコッカス藻抽出物」が体脂肪を減少させる作用があるとして、特許を出願しています。このときに『天然由来で副作用がなく』との表記を行っていますが、特許庁に認められています。

もっとも、アスタキサンチンは鮭やカニ、イクラ、エビなどにふつうに含まれる自然成分です。それにクリルオイルに含まれるアスタキサンチンも、元を辿れば植物プランクトンから生成されたものです。

そのため人工化学物質のような副作用は存在しないと断言できます。ただ副作用の報告がないからといって、飲み過ぎても良いことはありません。クリルオイルはサプリメントや健康食品は用法用量を守って食べるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする